医者になる方法

 

歯科医が生き残る方法

過当競争にさらされ続ける歯科医が、今後も生き残っていく為には、同業他社との差別化をはかって、顧客および売上を増やしていくしかないのが現状です。

今まではインプラントや歯のホワイトニングなど、虫歯治療以外への診療を拡大させるのが一般的でした。しかし最近では、レーザー治療や3Mix-MP療法など、痛くない虫歯治療方法を導入する先進的な歯医者さんも増えています。

3Mix-MP療法とは、メトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロフロキサシンという3つの抗菌剤を使って、虫歯の原因となる細菌を死滅させるという治療法です。歯を削るのは最小限に留めるので、麻酔も必要なく痛みはほとんど無いのが特長です。また菌を完全に死滅させるので、虫歯の再発がほとんど起こらない利点もあります。

レーザー治療は、虫歯菌に犯された部分だけをピンポイントで除去するという治療法で、やはり余分に歯を削らない為にほとんど痛みを伴わず、虫歯が再発する可能性が低いことなどが特長です。

3Mix-MPもレーザー治療も、自由診療(健康保険が利かない)である為に、通常の虫歯治療に比べると、治療費は高くなります。それでも「痛くない」というメリットの為に、これらの治療を行っている歯医者さんはとても繁盛していて、中には数ヶ月先まで予約が埋まっているという人気の診療所もあるようです。

日曜・祝日診療をする歯医者も増えている

また、原始的な方法ですが日曜日や夜間に営業することで、日中治療に行けないサラリーマンやOL層にターゲットを絞った営業をしている歯医者さんも増えてきています。

タウンページの「病院」の欄を見ればよく分かりますが、内科・耳鼻科・小児科など他の診療科では日曜日に開いている病院はほとんど無い一方、歯科診療所は休日や夜間に営業している所が結構見つかると思います。

休日診療を行えば、日本医師会(開業医の組合)などから煙たがられますが、ライバルと横並びの営業時間では生き残れないので、背に腹は代えられないのです。今後も組合の圧力をはねのけて、休日診療を行うクリニックは増えていくはずです。

結論として、これから歯科医を目指す人たちは、近隣の同業他社がやっていないサービス(休日診療なども含め)を提供して差別化を測っていくしか、生き残る術はありません。歯医者は人の命に関わるようなことも、夜間の急患もほぼありませんから、相当楽な診療科です。しかしそれ故にライバルも多いこと、そして革新的なサービスを提供する努力が不可欠であることは、肝に銘じておいた方がよいでしょう。

 免責事項 | 医学部入試情報局 | 医療問題と民間の医学 
Copyright (C) 医者になる方法. All Rights Reserved.