医者になる方法

 

医者の結婚は苦労する

医者というと、世間からはお金持ちというイメージが強いので、女性からモテやすいと思われがちです。しかし実際には、医者の男性は色んな意味で結婚が難しい選択になります。レールが敷かれていて簡単に結婚する医者も居ますが、選択権のある人は色々と苦労する事が多く、結婚できない医師も居ます。

まず医者の結婚のパターンですが、2世医師(特に親が教授クラスや開業医)の場合は、親が立場・プライドを優先させて名家のお嬢様と結婚する事を望むケースが多いようで、お見合い結婚の割合が少なくありません。

一方、学生時代から付き合っている女性とそのまま結婚する人もわりと多いです。医学部在籍時も研修医になってからも、とにかく忙しいので、合コンなどで遊び回る暇が少ないので、お付き合いしている女性とそのままゴールインするパターンです。このような人は、自分で結婚相手を選ぶと言うよりは、周りの環境・流れに身を任せているうちに、自然に相手が決まったという感じなので、結婚で悩むことが無い、ある意味最も幸せなパターンだと思います。

上記に当てはまらない医師の人は、一般人と同様、職場で相手を見つけるか、合コンなどの婚活を行う事になります。職場〜つまり病院内でパートナーを見つけるというのが最も多いパターンで、当然ながら相手の女性は看護師(看護婦)や医療事務の人あたりに限られます。

まれに病院に出入りする女性MR(製薬会社の営業社員)の「口利き」をしていて、そのまま結婚するような人も居ますが・・・。

婚活で地雷女を避けるのに苦労する

病院関係者でパートナーを見つけられた人は、まだ幸せな方です。お互いにある程度性格も分かっていますし、仕事がどれだけ大変なのかや、収入が世間が思ってるほど多くない事も分かっており、医者という職業への理解があるからです。

医者と結婚する事を目的に、看護師資格を取ったという女性も居ます。それでも(看護師として働くうちに)一般人女性より遙かに医師への理解が深まっているはずなので、まだマシです。

ところが一般の女性は、医者の苦労をまるで理解していません。「医者=高収入」と短絡的に思っているため、医者である事を話した途端、目の色を変えてアプローチしてくる女性が一気に増えます。合コンや婚活パーティーにいっても、金だけが目当ての地雷女が腐るほど寄ってくるだけで、自分の事を本当に愛してくれる女性を見つけるのは、極めて難しいそうです。

医者になる男性は、(医学部に入る位ですから)学生時代からガリ勉タイプで女性に対する免疫が少ない恋愛下手な人が多いので、地雷女に捕まったと後から気付く医師は多数居ます。そのため、まともな結婚相手選びを行う上では、医者である方がかえって苦労する!とすら言っている医師も居ます。

このように、金目当てに寄ってくる地雷女にうんざりして女性不信に陥り、結婚できない男性医師は少なくないのです。どうです?皆さんの想像していた結婚像とは真逆ではないですか?

単に遊び相手を探すだけなら、医者である事は大いに武器になるでしょうが、幸せな結婚を求めるのなら、若い内〜特に医者になる前の学生時代から、信頼し合える伴侶を探しておかないと、中々結婚できない人生に陥るかも知れません。

 免責事項 | 医学部入試情報局 | 医療問題と民間の医学 
Copyright (C) 医者になる方法. All Rights Reserved.