医者になる方法

医者になる方法〜医学部受験ガイド・トップページ

このサイトを訪れた貴方は、何らかの形で「医者」という職業に興味を持っているはずです。貴方は医者という職業について、どの程度知っていますか?

日本では医師(医者)として患者を診療するには、医師免許が必要です。街中によくある内科や眼科も、大学病院でガンの手術を執刀する外科医も、意味あるのか無いのかよく分からない精神科医も、全て医学部を卒業して医師免許を得た人たちしかなれません。

そして医師免許を取るのには、大学の医学部を卒業し、医師国家試験に合格しなければなりません。その位はほとんどの人が知っていることでしょう。

では大学の医学部に入ることはどのくらい難しいのか、偏差値で言うとどのくらいか知っていますか?また医学部の学費がどのくらい掛かるのかご存知でしょうか?漠然と「医学部は天才でないと入れない」とか「医者になるには金が掛かるので庶民には無理だろう」などと考えていませんか?

実は医学部というのは、一部の天才だけが入れるものではなく、偏差値60ちょっとで合格できる医学部も沢山存在します。大学を卒業した社会人から医学部への学士編入学を行っているところもあり、中には文系卒業生を対象にした編入試験(理系の入試科目がない)すらあるのです。

また学費についても、国公立大学なら6年で350万円程度と、私大の文系学部などと大差ない水準で済みます(⇒医学部の学費)。そして学費を借りれる奨学金制度もありますし、自治医科大学や産業医科大学のように、条件付きで学費免除(無料)で医者になれる大学も存在します。医学部受験は、決してお金持ちの子供だけの特権ではないのです。

医者になることを夢見ている学生諸君は「我が家はお金が無いからなぁ・・・」と希望を捨てないで下さい。医者になる為の道は、意外と誰にでも門戸が開かれているのです。

但し、医者の世界というのは「人命救助」という美しい精神だけで成り立っている訳ではありません。医師の世界というのは、非常に陰険で腹黒い部分を秘めています。「白い巨塔」などテレビドラマで度々描かれている教授を巡る醜い権力闘争は、誇張こそあれど、現実にある世界観なのです。発言や行動が医局に縛られていたり、日本医師会という利権団体に振り回されたり・・・等々、医師の世界は本当に権力闘争・利権争いが酷い世界です。

それに医者というのは、常に新しい知識や医療技術を学ばないと、取り残されていきます。薬や医療機器は年々新しいものが登場しますし、治療法が昔と現在ではまるっきり変わった分野もあります。医者は「なる前」だけでなく「なった後」も永遠に勉強しつづける必要があるのです。

また全国的に医師不足が叫ばれていますが、それも今だけの話です。ロボット(人工知能)やIT技術の発達で、医療現場の人手不足は解消されていきます。古い固定概念のまま進歩のない老害医師は、むしろ淘汰されていくはずです(⇒医者は将来安泰の仕事なのか?)。

このように、医師同士の人間関係や、永遠に学び続けねばならない側面などもあるので、医者という職業は人によって明らかに向き不向きが出ます。単に「偏差値的に合格できそうだから」とか「給料が良いから(⇒医者の平均年収)」なんて理由だけで医者を目指すのは、少々軽率だと思います。というか、金儲けを目的で医者を目指す事は、患者にとっては迷惑千万ですので止めてくださいと言いたいです!

当サイト「医者になる方法」では、医者になる為の医学部受験の様々な知識と、医者という職業の裏側について解説していきます。医者という職業に興味を持った人、医学部受験を考えている生徒や父兄の皆さんに、医者の世界を知る手助けになれば幸いです。

 免責事項 | 医学部入試情報局 | 医療問題と民間の医学 
Copyright (C) 医者になる方法. All Rights Reserved.