医者になる方法

 

医学部の学費(教育費)はいくら必要なのか?

一般人の固定観念として「医者はお金持ちだ」という事と共に、「医者になるには莫大な学費が掛かる」という意識がありますよね?では実際に、医者になる為にはどの位の学費が必要なのでしょうか?

まず決定的に異なるのが、国公立大学の医学部と私立大学の医学部の、授業料の格差です。文部科学省の教育費調査によれば、医学部を留年せずストレート(6年)で卒業できた場合、両者の学費(授業料他、各種費用を含む)は、国公立大学では平均で約350万円、私立大だと約3300万円にもなります!2013年度の私立大学で、学費の安い、及び高い私立医科大学を挙げると・・・

★学費の安い医学部
1位:慶應大学医学部 2051万円
2位:順天堂大学医学部 2090万円
3位:東京慈恵会医科大学 2250万円

★学費の高い医学部
1位:帝京大学医学部 4920万円
2位:川崎医科大学医学部 4565万円
3位:東海大学医学部 4184万円

最も学費が高いのは帝京大学医学部の4900万円で、最も安い慶応大学医学部の2.5倍、国公立と比べれば10倍以上です!一般庶民の家庭では、これだけの教育費を負担する事は、極めて困難です。ゆえに私立大学の医学部に入学する学生は、親が相当なお金持ちなケースが多いようです(親自身が医者だとか)。逆に多くの学生が、国公立大学専願で医学部受験をするのが現状です。

そもそも医学部の合格者は、私立高校の出身者が多いです。中高一貫や小中高一貫の学校に通っていた生徒もかなりの割合にのぼります。ちなみに小学校〜高校までを全て公立の学校なら授業料の総額は200万円程度、一方全て私立の学校の場合だと授業料の総額は1千万円を超えます!

高校までを私学の学校で学び、大学も私立大の医学部ということになると、その子供の教育費の総額は3千万円を超える計算になります!

自治医科大学は学費を借りられるが難易度が高い

たとえ全て公立の学校に通ったとしても、医学部に合格するには塾や予備校に通わないと難しいのが現状です。予備校の学費は年間約110万円との統計ですので、やはり医者を目指すのには、ある程度家庭の経済力がないと厳しいようです・・・。

なお、学費(大学での授業料)を貸与してもらえる自治医科大学という大学もあります。自治医科大学とは、へき地等における医療の確保と地域住民の福祉の増進を図る目的で全国の都道府県が共同して設立した大学で、栃木県にあります。在学中の学費を卒業後医師になってから返済できる制度があります。他にも、防衛医科大学など学費が無料になる医学部は幾つか存在しています。

他にも、成績優秀な学生に対して、学費を一部免除したり、無利息で貸与するような「奨学金制度」を設けている大学も少なくありません。

また慶應義塾大学医学部は、医学系としては破格に学費の安い学校として知られています。しかし学費の安い医科大学ほど、極めて難易度が高く(応募者が殺到して倍率が高い)、東大に合格する並みの学力が必要ともされています。

いずれにせよ、成績が良い人ほど学費の問題は解決しやすくなります。

 免責事項 | 医学部入試情報局 | 医療問題と民間の医学 
Copyright (C) 医者になる方法. All Rights Reserved.