医者になる方法

 

アルバイトで生活するフリーランス医師

医者を目指そうとしている人の中には、医師はつぶしが効かない職業だと思っている人は多いでしょう。医師を目指す場合、大学の医学部で6年間も学び、その後も研修医で数年間は病院で働く事になります。

これだけ長期間、医者以外の事を経験したり学んだりしないのですから、他の働き方など考えられないというのも当然かもしれません。しかし実際には、医師でも作家など他の仕事と掛け持ちで活躍したり、音楽活動と平行するなど時間にゆとりのある生活をしている人も存在します。

一般的に、医師(勤務医)は激務です。忙しさは診療科毎に違いますが、産婦人科や救命救急科などは昼夜問わず患者がやってくるため、体が休まる時間はほとんど無く、生活は不規則になりがちです。ところが近年では、特定の病院に属する事無く、空いた時間だけ契約している病院でアルバイトするという、フリーランスの医師が増えているのです。

米倉涼子主演のテレビ朝日のドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子」は、そうしたフリーランスの医師が活躍する姿を描いた人気作です。さすがにドラマゆえの誇張表現はありますが、特定の病院に属さずに医師として生活している人は、現実にも居るのです。

フリーランス医師の大きなメリットとして、時間の自由が多い事以外にも、余計なしがらみに囚われない点も挙げられます。勤務医の世界は、究極の縦割り社会です。特定の病院に属する場合、医師としての能力よりも、所属する医局内で如何に上手くやっていくか(≒どれだけ教授に媚を売れるか)の方が重要になります。ゆえに勤務医は、精神的にストレスが相当溜まる世界です。

一方で開業医は、教授や同僚との人間関係が不要な分、日々の病院の経営状況(金回り)に神経をすり減らします。フリーランス医師は、病院内での地位やしがらみに影響されないだけでなく、病院の経営状態を心配する必要もないので、精神的に自由なのです。

他のメリットとして、実は勤務医として働く場合よりも、収入が多くなるケースもあるという点です。現在、日本では医師不足が大きな社会問題となっています。地域や診療科によっては医師の数が充分な場合もありますが、大半の病院は慢性的な医師不足に悩まされています。そのため、病院では非常勤やアルバイトの医師を高額で雇って対応しているのです。

麻酔科のアルバイトは日給15万円?

医師の求人サイトを見ると、時給1万円を超えるようなアルバイトがいくつも見つかります。中でも、麻酔科は医師不足が深刻であり、日給15万や20万といった信じられない金額でアルバイトを募集しているケースも見受けられます。

仮に、日給15万円で週三日働いたとしたら、月収は約200万円、年収は軽く2000万円以上にもなります。ちなみに厚生労働省の調査によると、医師(勤務医)の平均年収は1228万円との事です。毎日朝から夜まで働き詰めの勤務医よりも、週にわずか三日しか働かず悠悠自適に生活するフリーランス医師の方が高収入になるというのは驚きです。これでは、勤務医として必死に働くのがバカバカしくなってしまうでしょう。

このように、フリーランス医師には大きなメリットがありますが、もちろん欠点も少なくありません。例えば、これまでアルバイトしていた病院に、新たに常勤医師が来た場合などは、突然病院から契約打ち切りを言い渡されてしまう可能性があります。

また、組織に属していない以上、最新の医療知識や技術を独学で身に付ける必要もあります。米倉涼子のドラマのような、知識も経験も豊富な優秀極まりないフリーランス医師になる事は、現実的には中々難しいでしょう。フリーランス医師に憧れを持つ人は、こういったデメリットも十分に理解しておくべきです。

 免責事項 | 医学部入試情報局 | 医療問題と民間の医学 
Copyright (C) 医者になる方法. All Rights Reserved.