医者になる方法

 

医学部合格者の多い高校ランキング

医師になるためには、大学の医学部に入学して技術と知識を学び、医師国家試験に合格する必要があります。医師は患者の命を預かる責任の重い職業であり、それゆえに医学部の入試レベルは非常に高いです。実際、医学部に合格するのは、灘、開成、ラサール、四天王寺といった、偏差値の高い名門高校に通う学生が大半です。

医学部合格者数ランキング(2013年)
順位 学校名 所在地 国公立大学 私立大計+防衛医大 合計
1 東海 愛知 114 57 171
2 ラサール 鹿児島 97 33 130
3 洛南 京都 88 28 116
3 開成 東京 62 54 116
5 東大寺学園 奈良 82 30 112
6 兵庫 63 31 94
7 甲陽学院 兵庫 66 19 85
8 愛光 愛媛 50 31 81
9 四天王寺 大阪 50 29 79
10 久留米大付属 福岡 59 19 78

つまり、医師になるためには、大学入試から準備したのでは遅く、高校入試の時点で(あるいは灘のように中学入試の段階で)医学部入試は始まっていると言えます。もちろん、一般的な高校から医学部に合格するのは不可能ではありませんが、それは容易ではない事は言うまでもありません。

従って医者を目指したいなら、最低でも高校入試の段階で、偏差値の飛び抜けて高い学校に入っておくことが、医学部受験で優位に立つ条件だといえます。普通の公立高校で一人だけ天才が居ても、授業のレベルを上げることができないから、天才児でも伸びしろが抑えられてしまうのです。

灘高校が1位ではない理由は、学生数が少ないから

医学部合格高校ランキングを見ると、1位が東海、2位がラサール、3位が洛南、開成と、偏差値の高い学校が並んでいます。特に、洛南は2006年から共学(女子の加入)となった事で、近年は更に医学部への合格者が増加傾向にあります。

そんな中で、日本の高校で最も偏差値の高いことで有名な灘高校がランキング6位なのは意外に思えるでしょう。この理由は、灘は元々学生の数が少ないこと(東海や洛南と比べて卒業生が半分程度しかいない)事が関係しています。

灘高校の正門

灘は入学の時点で、既に少数精鋭部隊となっているのです。それが証拠に大学別の合格者数を見ると、日本最難関の学部である東大理科三類(≒東大医学部)の合格者数が一番多いのは灘高校であり、偏差値1位の高校に相応しい結果を残しています。医師免許を持つ評論家・受験アドバイザーとして有名な和田秀樹氏も、灘高校から東大医学部という経歴です。

ちなみに、ランキング上位校は、開成(東京)、東海(愛知)以外は全て西日本にあります。実は近年、高校のレベル(医学部合格者数)だけでなく、医師の数も西日本が多い「西高東低」となっており、東日本の医師不足問題の原因と言われています。2016年に東北医科薬科大学、2017年に千葉の国際医療福祉大学、と関東に医学部新設が続いたのも、その対策です。

 免責事項 | 医学部入試情報局 | 医療問題と民間の医学 
Copyright (C) 医者になる方法. All Rights Reserved.